PLAY BLOG

コンディショニング&ストレッチング座学編③ 静的ストレッチング

暑い夏が去り、季節は、アウトドアシーズンになりましたね!

皆さんどうも
箭内です。筋肉ではありません。やないです。

今回は、静かなストレッチング、目的とする筋肉を一定の時間、ゆっくりと伸張させて
筋肉を伸ばしていくスタティックストレッチングに焦点を当ててみたいと思います。

少し前までは、スポーツを行う前のウォームアップとしてまたはクーリングダウンとして、あるいは
体のこわばりをとるために行われきた、いわゆる、「1〜2、3、4」などゆっくりとストレッチングする
方法です。近年では、ウォームアップ前は良くないや、また、しないほうが良いなどの情報もありますが
まずは、そもそものスタティックストレッチングの効果を説明しましょう。
1.軟部組織の柔軟性の向上→筋肉や筋肉を取り囲む筋膜などの骨以外の組織
2.疲労回復
3.副交感神経の増進→眠くなる時や、興奮が抑制されている時
などなど適切に用いればとても体にとって無理なく、安全に体を動かす事ができ、身体を休めることもできます。

筋肉は、縮む時にも使われますが、同時に伸ばしている時も筋肉は使われていきます。
なので、毎日、お風呂上りや寝る前などにストレッチングを適切に用いることができれば、
筋肉の維持に繋がり、伸びやすい質の良い筋肉となり、運動中の怪我も少なくなります。

また、スタティックストレッチングは、ウォームアップ前に20秒行ったとしてもメインの運動に影響が出ないという
エビデンスもあります。もちろんこれは一つの実験結果であり、すべてがそうではありませんが、
私個人の意見としては、ウォームアップ前にいきなり動きをつけた運動をするよりも10秒でも
一定の時間ストレッチングをすることによって
今日の筋肉の張りや、コンディショニングなどチェックするにはとても良いと考えます。
また、緊張をもほぐすことができますので、動きをつけたストレッチングとうまく組み合わせることが
大事になります。

コンディショニング&ストレッチングのクラスでは、正しいストレッチングの姿勢や、適切に用いるタイミングなど
皆さんのライフスタイルに取り込めるようなクラスになっています。

同時に一定の時間深い呼吸と共にストレッチングすることで、心身リラックスした状態で体の反応もチェックしていきます。
体制を維持することによって筋肉の維持や活性化にもつながります。

皆さんも少し考え方を変えてみてストレッチングをしてみてくださいね。
僕はお風呂上りにストレッチングしながら考え事するのがすごく好きです!
ボーっとするのもありかも笑

のんびり適切に行うことで効果倍増のストレッチング。
皆さんもぜひコンディショニング&ストレッチングを受けてライフスタイルに取り込んでみませんか?

お待ちしております!

スタッフやない